フクロウラボで使われている言語やツールについてまとめてみたよ

Pocket
LINEで送る

フクロウラボの近況

こんにちは!川原です。

最近、弊社では今週の月曜日から新しいエンジニアさんが来たり、来週には新しい営業さんが増えたりと人がだんだんと増えてきているのですが、

この先の弊害としてコミュニケーションエラーなどが心配されます。

そこで、「ウェルカムランチ」が導入されました!

どういうシステムかというと新しくきた人とのランチ代は会社負担になるシステムです。

興味のある方はこちらの記事をご参照ください。(wantedlyブログのリンクです)

また、自分の半生を紹介する「ライフラインチャート」の発表が設けられたりとコミュニケーションが円滑に取れるように力を入れてます。

ライフラインチャートは新規メンバーのみなのですが、面倒だろうなあと思ってましたが既存メンバーが話しかけるきっかけができたり、キャラをつかむ機会になるのでコスト以上の効果がある印象です。

現在は30人前後の規模なので、これからもっと増えてくるとまた違った形になるのかもしれませんが積極的にコミュニケーションはとっていきたいと思ってます。

 

今回の記事の目的

さて、タイトル通り今回はフクロウラボで使われている言語やツールを紹介します。

私どもの会社フクロウラボはクローズドASPです。

「厳しい審査基準を通過したメディア様のみが参画可能なアフィリエイト広告ネットワーク」を売りにしております。

ですが、露出が少ない分何をしているのかわからないと方も多いのではないでしょうか?

なので、弊社のビジネスモデルを簡単にまとめ、2018/7/6時点で使っている言語とツールについてまとめました!

あくまで現時点の話で、直近だと集計ロジックを変える検討をしており、違う言語に変わっていくかと思います。(個人的にはGoを激推し中です・・・!)

 

ビジネスモデル

簡単にですが、ビジネスモデルは下図の通りとなっております。

弊社は成果報酬型ASPです。

1成果につき、広告主様から◯◯円もらい、メディア様に△△円支払う。といったビジネスモデルをとっています。

 

スクリーンショット 2018-07-06 21.33.57

弊社システム

詳しく成果までの流れを下図に示しました。

メディア様に貼っていただいてる弊社URLから広告主様のLPページやアプリショップへリダイレクトし、その際クリックログを取得。

広告主様からのポストバックを受け、CVログを取得。集計後に請求やレポートの反映などを行います。

 

 

スクリーンショット 2018-07-06 22.11.55

 

これらのロジックにはいろいろな言語が使われており、下図のような言語が使われています。

・クラウド : Amazon Web Service

・Application server : unicorn , nginx , apatche (言語による)(同列に扱うなと怒られるかもですがとりあえずここに入れときます)

・リダイレクト:JavaScript , coffee

・api(ログ取得)、batch(集計):PHP , CakePHP

・レポートページ:Ruby  ,Ruby on Rails

 

スクリーンショット 2018-07-09 17.16.51

コミュニケーションツール,ドキュメント管理

・コミュニケーションツール : Slack

・ドキュメント管理 : GoogleDrive,Confluence

・タスク管理ツール : JIRA

 

スクリーンショット 2018-07-06 22.09.31

 

 

いかがでしたでしょうか?

弊社では効率を重視しているので、もっと効率のいいツール等あれば、検討できる環境でもあります。

何かしらメリットの大きそうなツールがあれば試して導入検討してみたいと思っております。

 

Pocket
LINEで送る