LineのMessagingAPIをつかってメモ用ボットをつくるでござる その2

Pocket
LINEで送る

フクロウラボの平尾です。

最近、オマハにおいては、ターンでナッツだったとしてもインポジションの場合レイズをしないほうが利益的なシチュエーションがいろいろあることを知りました。リドローの考え方がとても重要だと思いました。

 

今回はメモルンでうけとったデータをdynamoDBに保存できるようにしたいと思います。

 

LINEでメッセージを送ると下記スクリーンショットのようにデータが挿入されるように改修しました。

参考にさせてもらったサイトはこちらです。

dynamoDBに保存する項目

  • id: {LINEのuserID}{timestamp}
  • userId: {LINEのuserID}
  • text: 送られたメッセージ内容
  • timestamp: タイムスタンプ

スクリーンショット 2018-06-14 12.05.34

 

データの呼び出しについては、まだロジックを決めていないので、とりあえず#とメッセージを送ると、最新のデータを呼び出して返ってくるようにしました。#を送ったユーザーが過去に送信しているメッセージを全件取得して、その中でタイムスタンプが最新のメッセージを返すようにしてます。

参考にさせてもらったサイトはこちらです。

Image from iOS

これでLINEでメッセージを送るとデータの読み書きができるようになるところまでできました。

次回以降は具体的にどういうロジックで読み書きすると便利なのかを考えて実装していきたいと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る