LineのMessagingAPIをつかってメモ用ボットをつくるでござる その1

Pocket
LINEで送る

はじめまして。

フクロウラボでプログラマやってる平尾と申します。

趣味はポーカーとテニスです。

ポーカーに関しては、最近PLO(ポッドリミットオマハ)の勉強をしています。

 

本ブログでは、下記の要件でサービスをつくりながらその記録をしていこうと思います。

  • なるべく簡単に作る
  • 自分が普段使わない技術をなるべく使う
  • 自分が日常的に使えるサービスを使う(他の人が使うかどうかは気にしない)

ぼくはメモをとることをさぼってしまいがちです。それによって後悔することがよくあります。そこで、こんなぼくでも最低限メモをとることを習慣づけられるように、なるべく簡単にメモをとることができて、そして、過去にメモした内容を簡単かつ的確に確認できるサービスを作ることにしました。

どういう仕様にするかは自分の中でもまだ決まってないので、作りながら決めていこうと思います。

 

とりあえず、メモアプリの名前はメモルンにしました。

今回は下記の理由から、LineのMessaging API を利用したサービスにすることにしました。

  • 使ったことがないので、使ってみたい
  • 簡単に作れそう
  • Lineは最も使い慣れたアプリの一つなので、そのアプリを利用したサービスなら抵抗なく使い続けられそう

 

まずは、クラスメソッドさんのLambdaではじめてのLINE Botを作るの記事を参考にして何かしら投稿すれば、その投稿がそのまま返ってくるところまでつくりました。

  • 言語:node
  • インフラ:AWS(Lambda, API Gateway)
  • プラットフォーム:Line(Messaging API)

S__24920092

次回はDynamoDBに接続してみたいと思います。

 

 

 

Pocket
LINEで送る